tktechblog

日々の開発学習の進捗確認とテクノロジーに関して考えたことをまとめます(ブロックチェーン学習中)

paper21日目

今日の成果 paper4

  • ETHERISC
  • Basic Attention Token (BAT) Blockchain Based Digital Advertising
  • Factom: Business Processes Secured by Immutable Audit Trails on the Blockchain
  • Populous

dev

  • pythonで少し書いてた。hashhub conferenceに参加していたためにそこまでコード書く時間はなかった。

今日の反省

  • 起きる時間が遅かった。なぜか携帯が充電できていないくて目覚ましが発動せず起きれないという現象に直面。イヤホンもなぜか片側パッドがなくなった。

所感

今日は昨日に引き続いて基本的にトークンを用いたプロジェクトのペーパーを読み進めていった。

ETHERISC

Decentralized insurance applications. 保険の売買をもっと効率化、オペレーションコストを下げる。産業の透明度を深めていって再保険民主化を掲げたプロジェクト。

Basic Attention Token (BAT) Blockchain Based Digital Advertising

ブレンダンアイクが手がけているブラウザ。ユーザーのプライバシー、セキュリティ、不必要な広告の非表示、不必要な広告やバッテリー消費、ページロードの遅延を起こすmaladを非表示にし、広告に悪い印象を持つことによってadblockをかけ、本当に重要なadもブロックされてしまうため、広告を打っても目標userにリーチせず思った通りに効果が出ないようなpublisherにとってもメリットのある設計。ユーザーにとってもページアクセスが多いほどトークン報酬が得られるなどのrewardモデルがあるが、chrome,firefoxなどの競合ブラウザが強力であるためにuser流入を増やすことが課題。

Factom: Business Processes Secured by Immutable Audit Trails on the Blockchain

文書の存在証明を目的としたプロトコル。dapps単体ではマネタイズを目的としていないもの。dappsの周辺プロジェクトによって利益を得る。speed,cost,networkの肥大化というbtcの課題を解決した考え。proof of burnというコンセンサスモデルで、FCTとECというtokenを用いて需給を調整する。ecは0.001ドルに対応し、fiatとpegしたモデルとなっている。保存インセンティブ、長期にわたって保有しているとだんだん価値が上がるなどというインセンティブ設計を行っっていて、ビル&メリンダゲイツ財団の出資も完了している。課題点としてはtoken発行枚数の上限や、大企業などとPOCをしているために効果がすぐに出るものではないため長期展望は現状ではまだわからないというところなどが挙げられる。

Populous

invoice finance(売掛け金担保融資: 未払いの請求書を割引額で販売することで早く現金を得る資金調達の方法)のための請求書のmarketplace。fiat(法定通貨)の代わりにfiatの価値に連動したpopulousないの暗号通貨「poken」が使われている。populousではこのpokenを変換して引き出す時手数料を手に入れるモデル。XBRL dataを元にしたalgorithumを元にしたp2pエンディングプラットフォームの設計によって、クリアリングリスク全体の手作業においてのコストカットを実現。