tktechblog

日々の開発学習の進捗確認とテクノロジーに関して考えたことをまとめます(ブロックチェーン学習中)

paper23日目

今日の成果 paper4

  • POLKADOT: VISION FOR A HETEROGENEOUS MULTI-CHAIN FRAMEWORK
  • Nervos CKB: A common knowledge base for blockchains and applications
  • Republic Protocol: A decentralized dark pool exchange providing atomic swaps for Ethereum-based assets and Bitcoin.
  • bloXroute: A Scalable Trustless Blockchain Distribution Network

dev

  • スマコン書いてた。割と順調だったかも。

今日の反省

  • 特にはない。割とよくできた。paperのタスクが終わったら、開発にリソースを全て突っ込む予定。今日は予定のタスクをうまく消化できて良い1日であった。

所感

結構色々なペーパーを読んできたけど、最近全体の構造把握と部分分の解像度が高くなってきてようやくわかってきたことはこの領域はすぐに状況が変わってしまって、情報のキャッチアップだけに追われていてもラチがあかないので、何かしら作って検証を回していったり、プロトコルやプロダクトのコードベースでのキャッチアップと実装と検証でナレッジとスキルを積み上げた方が良さげ。あとは補足として暗号理論ももう少し理解しておきたい。基本はアウトプットしてそこでの不明点や改善点を補足する意味合いで分析や情報のかき集めをするような感じで良いかなと感じた。まあ、だいたいわかったのは良いこトトも捉えられるかも。

POLKADOT: VISION FOR A HETEROGENEOUS MULTI-CHAIN FRAMEWORK

多様なマルチチェーンテクノロジー。 - 異なるブロックチェーンをつなぐブロックチェーン - ユニークなセキュリティ対策→polkadot platformが対策してくれる。 Relaychain/Parachain/bridgeがあり、それぞれでブロックチェーン同士の連携、並列処理によって取引速度をあげscalingにつなげる、例外処理。 - polkadottoken(DOT token) ネットワーク管理、ネットワーク運営、ネットワーク内での保管・支払いに用いる。関連したものんとして、cosmos/tendermint, zk-SHARK, Yellowpaper, Consensus without mining, Enabling blockchain innovations with pegged side chainsなどを改めて読み直したい。

Nervos CKB: A common knowledge base for blockchains and applications

データ、アセット、Identity serviceのような共通のknowledge baseを提供するNervos layed architectureを伴った分散型アプリケーションプラットフォーム。data schemaを持つcellモデルでスケーラブル、interoperable。モバイルにも親和性がある。わからなくなったら、既存のブロックチェーンとの比較図がpaperの中にあるのでそれを読み直す。

Republic Protocol: A decentralized dark pool exchange providing atomic swaps for Ethereum-based assets and Bitcoin.

polychainから資金調達。暗号通貨におけるダークプールの提供。クロスチェーンでのアトミックスワップを行う非中央集権型ダークプール取引所。ダークプールゆえにvolatilityを抑える。tokenとしてThe REN Tokenでインセンティブ設計。沙弥あの秘密分散法で仲介者を排除。

bloXroute: A Scalable Trustless Blockchain Distribution Network

ネットワークレイヤ(ベースレイヤ)のソリューション。大きなデータを大規模ネットワークへ送信するのに最適化されたnetwork。カットスルールーティングによってオーバーヘッドが小さくなり処理速度が上がる。BDN(blockchain distribution network)がcore昨日でbloxrouteとピアネットワークなどで、スケーリングの問題と秘匿性を確保。mapreduceのような並行処理アルゴリズムのplasmaやマイクロブロックストリームとしてブロックチェーンを表現するbitcoinNGのように書き直しがいらない。